親知らずに対して、「歯並びが悪くなる」、「痛い」、「早く抜いた方が良い」というイメージをお持ちの方は多いのではないでしょうか。
一方で、実際に親知らずを抜こうと思っても、抜歯した後の痛み、腫れを懸念し、なかなか抜歯に踏み切れない方も多いでしょう。

もし親知らずが綺麗に生え揃っており、歯並びや噛み合わせに全く問題がない場合は、必ずしも抜歯をする必要はありません。
しかし、ぱっと見た目は綺麗な歯並びでも、親知らずが影響して案外噛み合わせが悪くなっていることがあります。
ちょっとした歪みが気になる、自分の親知らずが抜くべきか迷うようであれば、歯科クリニックで診てもらう事をオススメします。

親知らずは抜く?抜かない?

冒頭の通り、親知らずが綺麗に生え揃っている、または顎の骨の中に完全に埋まっており他の歯に影響を及ぼしていないのであれば、抜かないという選択肢もあります。

しかし、実際には親知らずが適正な向き、噛み合わせで生えてくることは少なく、多くの人が歪み、痛み等を感じています。
適正でない向きのまま生えているのを放置してしまうと、手前の歯を押してしまい歯並びが悪くなっていく原因にもなります。
また、痛みがないからと言って中途半端に生えている状態のままにしておくと、歯磨きで磨ききれず虫歯になってしまう恐れもあります。親知らずが虫歯になってしまうと周りの歯にも悪影響が及びます。

他にも歯列矯正を検討していいるのであれば、親知らずは抜いたほうが良いでしょう。
親知らずがあると歯列を整える際の歯の移動が難しかったり、移動するための十分なスペースが確保できない場合は抜歯を考える必要があります。

親知らずを抜くタイミングは?

出来るだけ早く抜いてしまうのがベストです!
歯も年齢と共に成長し、硬くなっていきます。
歯が硬くなると、抜歯に時間がかかる等の負担も増えますので、ご自身の負担を出来るだけ軽減するためにも、早めの抜歯をオススメします。

親知らずが手前の歯を押して歯並びを崩してしまう、親知らずが虫歯になる前に、まずはご相談ください。