はっきりとした診断が無くても「頭が重い」、「イライラする」、「疲労感が取れない」、「よく眠れない」などの、「なんとなく体調が悪い」と言う症状に悩まされている方も少なく有りません。

このような症状を不定愁訴と言います。

不定愁訴には様々な原因がありますが、症状を訴える方の中には歯の詰め物による金属アレルギーが原因と思われるケースがあります。

虫歯の治療で使われる詰め物や被せ物では、保険適用になる銀を使用することが多いのですが、この金属が人によってアレルギーを引き起こします。

若い頃には症状が出なくても、年齢を重ねることで症状が出ることも考えられます。口腔内で銀イオンはずっと溶けだしており、それが長い年月をかけて体内に吸収されるからです。

あくまでも不定愁訴の原因として考えられる要因の一つに過ぎませんし、複数の要因が重なって起きている可能性もあります。

それでも、銀歯をセラミックに変えたら症状が改善されたり出なくなったという報告は実際にあります。

(実際は銀が直接の原因ではなく、銀歯にはパラジウム合金が含まれていて、それが原因とも言われています)

また、セラミックに変えてもすぐに症状が無くなる訳ではなく、改善されるとしてもある程度の期間が必要になります。

不定愁訴以外でも、口の中に湿疹が出来てなかなか治らないといったケースも金属アレルギーが原因となっているケースがあります。

 

不定愁訴やアレルギー症状の原因が、銀によるものかどうかは銀を外して改善されるかどうかを見ない限りわかりませんが、他に様々な治療をしても治らない場合には、改善のための選択肢の一つとして考えてみてはいかがでしょうか。