口を開けると、歯に銀色の針金。それが以前の矯正のスタイルでした。
「矯正はしたいけど、あの銀色の針金がね・・・」
そう思って矯正をしたくないという方も多いのではないでしょうか。