予防歯科とは?

虫歯になってから治療するのではなく、虫歯になるのを防ぐために行うのが予防歯科です。

歯医者は歯が痛くなってから行く場所だと思っている方が多いと思います。虫歯など口腔内の異常が無いのに定期的に歯医者に行くという習慣がまだ根付いていません。

しかし、最初の消化器官である口腔内を清潔に保つことは、全身の健康状態を考える上でも非常に重要です。

予防歯科の重要性

予防歯科においては、日本はまだまだ後進国です。「どこも痛くないうちから、予防のために歯科医院に行きますか」と尋ねると、ほとんどの人が首を横に振るでしょう。

日本人にとって歯科医院は、未だに何らかの症状が出てから行く場所で、痛みや不調がなければ通わない病院なのです。

しかし、皆さんに認識していただきたいのは、口腔内は最初の消化器官であり、且つ一番汚れている場所だということです。

ここを清潔にしなければ、身体全体の健康さえ左右しかねません。

自宅での歯磨きは、歯科医院で予防治療を受けた状態の維持だと考えた方が良いですね。日本全体の予防意識をもっと高めていく必要があると思います。

当院では予防歯科に「PMTC」をお勧めしています

PMTCとは「Professional Mechanical Tooth Cleaning」の略で、訓練を受けた歯科衛生士が特殊な器具と材料を使って行う口腔内のお掃除のことです。

ほとんどの患者さんは、虫歯が完治すればゴールだと思いがちですが、そこからがスタートと考えていただきたいと思います。

毎日、どれだけ自宅で歯ブラシやうがいをしていても、歯石や歯の着色、磨き残しを完全に防ぐことはできません。

PMTCでは、歯と歯の間の細菌バイオフィルムまで丁寧に除去して、歯ぐきを健康な状態に近づけ、歯周病の原因を抑えます。歯の表面がツルツルになって汚れやステインもつきにくくなり、虫歯予防・口腔環境由来の口臭予防にも効果を発揮します。

PMTCの最大のメリットは?

PMTCの最大のメリットは、なんといっても効率的、効果的に汚れを除去し、口腔内を清潔に保てるという点です。

6か月間、1か月に1回通っていれば、ある程度菌を抑えることができるので、美容院に行くような感覚で定期的に行うのが理想ですね。

また、歯肉の色や状態は体調のバロメータ—にもなります。定期的に診ていれば医師も体調の変化に気づきやすいので、健康管理の視点からも活用していただきたいです。

最近の研究では、口腔内と内科との関連性が高いことが分かってきました。心臓の病気や糖尿病に歯周病菌が影響を与えているということも言われています。

口腔内をきれいにすると、数値が改善されることもあるようです。

予防歯科の歯科医院、上手な選び方は?

患者さんが医師の技術や使用している材料を見極めるのは非常に難しいので、重要なのは自分と医師が「人間的に合うか合わないか」だと思います。

治療方針や材料は医師の裁量によるので、治療費が高ければ信頼できるというわけではありませんし、安価なものにも理由があります。

費用面で軽々に判断するのは避けて、まずは実際に話をしてみることでしょう。

院長より

治療が必要になってからではなく、常に「予防」という意識を持って歯科医院へ足を運ぶことが大切です。

定期検診をしてほしいという方は少しずつ増えてきているようですが、前述した理由から、保険内で行われる予防医療は決して十分なものではありません。

身体全体の健康を考えるうえでも、専門家による本格的な歯のお掃除を定期的に行っていただきたいと思います。

PMTCは基本的に6ヵ月間、1ヵ月に1度のペースで受診を続けていただきますが、経過によっては1ヵ月半に1度、2ヵ月に1度で良い場合もあります。ぜひ、健康管理も兼ねて、上手に活用してください。