インプラント治療

歯を失ってしまったときの治療として、近年大きな注目を集めているのがインプラント治療です。
生体親和性の高いチタン製の人工の歯の根をあごの骨に埋め込み、その上に人工歯を装着して、お口の「噛む機能」を回復させる治療です。
天然歯と変わらない噛み心地と見た目を取り戻せる上に、まわりの歯に負担をかけないなど多くのメリットを持っています。
診療日時は、患者さまとインプラント専門医とのご相談の上で決定していただきます。実際の治療には、当院の院長ももちろん携わります。インプラント治療には外科手術が必要ですが、麻酔を行う場合には麻酔専門医が行います。

インプラント治療の流れ

検査

検査器具やレントゲン、CTで、歯やあごの骨の状態を調べます。

治療計画の説明

歯やあごの骨など、お口がどんな状態なのかをご説明し、治療計画をご案内します。

手術

インプラント本体をあごの骨に埋め込みます。

人工の歯を装着

インプラント本体の上に人工の歯を装着します。

メインテナンス

インプラントを長持ちさせるために、定期検診や歯のクリーニングを受けることをおすすめします。